Top Page › ミナリ › ミナリのV LIVE延期…FNCにもとうとうコロナ( ᵕ_ᵕ̩̩ )
2021-09-04 (Sat) 00:27

ミナリのV LIVE延期…FNCにもとうとうコロナ( ᵕ_ᵕ̩̩ )

ミナリのV LIVEが延期になりました。
どうやらNフラくんたちのコロナ感染の影響のよう。


「N.Flying」イ・スンヒョプ&ユ・フェスン&ソ・ドンソン、新型コロナ感染
https://www.wowkorea.jp/news/enter/2021/0903/10313623.html

Nフラコロナ記事

韓国男性バンド「N.Flying」のメンバーイ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンが新型コロナウイルス感染症に感染したことがわかった。

 3日、「N.Flying」の所属事務所FNCエンターテインメントは「イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンがこの日、新型コロナウイルス感染判定を受けた」と発表した。


以下、FNCエンターテインメントの公式立場全文。

FNCエンターテインメントです。
所属アーティストN.Flyingのイ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンが本日(3日)、新型コロナウイルス感染判定を受けました。

イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンはコンディションの異常症状で去る2日に自己検査キットを実施し、いずれも陽性判定を受けたため、直ちにPCR検査を行いました。その結果、本日(3日)イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンの新型コロナウイルス感染判定を受けました。

この他のメンバーのキム・ジェヒョン、チャ・フンは自己検査キットの結果、陰性判定を受けましたが、直ちにPCR検査を行い、結果を待っているところです。

現在、イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンは防疫当局の指針に従い、自主隔離及び必要な措置を取っており、キム・ジェヒョン、チャ・フンも予定されていたすべてのスケジュールを直ちに中断し、自主隔離に入る予定です。

さらにメンバーと動線が重なったスタッフらにもこの事実を知らせており、関係者も検査を進めているところです。

当社はアーティストとスタッフの健康と安全を最優先に考慮し、アーティストの早い回復のために最善を尽くす予定です。多くの方々にご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。防疫当局の要請や指針にも誠実に協力いたします。



本当に、今は誰がかかってもおかしくない状況下。
陽性反応出たメンバーの回復をお祈りします。
そして、スタッフさんやアーティストの方々も無事に過ごせますように。



N.Flyingといえば、仁川ペンタポート・ロック・フェスに出演予定でした。

N.Flying、オンラインで開催される「仁川ペンタポート・ロック・フェスティバル」に出演決定!
https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2175383

Nフラペンタポート記事2

N.Flyingがロックフェスティバルに出演する。

N.Flyingは10月10日、オンラインで生中継される「仁川ペンタポート・ロック・フェスティバル」に出演する。同時代の若者から共感を呼ぶ音楽としっかりした演奏で名を知らせた彼らは、6月末に開催された「beautiful mint life 2021」に続き、フェスティバルラインナップに名を連ね、精力的に活動している。

2006年に始まり、今年で16回目を迎える「仁川ペンタポート・ロック・フェスティバル」は、2012年から2021年まで10年連続で文化体育観光部の文化観光祭りに選ばれた韓国を代表するロックフェスティバルだ。松島(ソンド)タルビッフェスティバル公演でオンライン生中継で行われる今年の「仁川ペンタポート・ロック・フェスティバル」は、360度VR中継や音楽専門家による解説など多様なプログラムを用意し、オンラインで鑑賞する観客に臨場感を与える予定だ。

N.Flyingをはじめ、韓国のアーティストとしてはイ・スンファン、ユン・サン、10CM、DAYBREAK、チョジェ、ADOY、The Volunteers、Leenalchi、チョン・ホンイル、キム・サウォル、Method、Silica Gel、Nerd Connectionが出演する。

5人組バンドN.Flyingは、リーダーのイ・スンヒョプの自作曲「Rooftop」がヒットし、大ブレイクした。その後も「Oh really.」「STARLIGHT」「Moonshot」など多彩な音楽を披露し、人々から愛されている。




今年も昨年に続いてオンライン開催みたいですけど、こうなると出演は難しいかな。
このフェスはえぷがデビュー当時参加を夢見てたフェス。
自分たちが叶わなかった自国のフェスの舞台に後輩たちが上がるというのはどんな心境だろう。
その道筋を付けたのは、まぎれもなくFTISLANDで、
今はもうそんなこだわりさえなく、ただただ自分たちの音楽に向き合っているのかな。




関連記事
スポンサーサイト



2021-09-04

Comments







非公開コメント