Top Page › TV ホンギ › MBN「朝鮮版スター」予告動画
2021-08-03 (Tue) 15:42

MBN「朝鮮版スター」予告動画

ホンギが判定団を務める「朝鮮版スター」の予告動画。


K-音ですべて可能!国楽界の勢力図を塗り替える栄光の主人公は?!MBN 210814放送





キム・ジョンミン、キム・ジョハン→イ・ホンギ、チーター「朝鮮版スター」判定団公開[公式]
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=202108030938241030&ext=na&utm_campaign=naver_news&utm_source=naver&utm_medium=related_news

朝鮮版スター記事1

総合編成チャンネルMBNの新しいバラエティ番組「K-音ですべて可能朝鮮版スター」(以下「朝鮮版スター」という。)が、「第一戦」で公正な審査を行う判定団全員を公開した。

制作陣は「判定団は大きく "国楽評価団"と "歌手評価団」に分けられる」とし、総勢15人にのぼる判定団を公開した。まず、「国楽評価団」としては、「パンソリ界のゴッドマザー」に数えられる人間文化財で、国楽界の最古参であるシン・ヨンヒ名唱がNo.1として登場し、プログラムへの権威を高める。また「国楽界BTS」と呼ばれ、映画、芸能番組などで多彩な活動をしてきた万能歌い手イ・ボングン、パンソリ界の八方美人であり他の追従を許さない話術の持ち主キム・ナニが「国楽評価団」を完成させる。

「歌手評価団」には様々なジャンルと音楽のカラーを誇る信頼性満点のミュージシャン8人が参加する。ソウルのゴッドファーザー、キム・ジョハン、長寿グループ「神話」のメンバー、キム・ドンワン、FTISLANDのメインボーカル、イ・ホンギ、ヒップホップ歌手兼プロデューサーのデプコン、実力派女性ラッパーのチーター、MSGワナビーで第2の全盛期を迎えたキム・ジョンミン、バラード女王のイ・スヨン、独歩的な音楽世界を持ったシンガーソングライターのアン・イェウンが胸躍るK-ソリの舞台を視聴者より先に接する。

最後に「大衆評価団」には韓国舞踊専攻者出身で国楽に対する造詣も深い放送人のパク・ウニョン、デビュー前は「国楽高校女子高生」で有名になったのに続き、国立国楽高校を経て大学でも韓国舞踊を専攻した元ステラメンバーのガヨン、メキシコ出身の放送人でありヘグム演奏の実力でも有名なクリスティアン・ブルゴス、韓国人よりも韓国史およびハングルに詳しい研究者のアルブレート・ホベ教授が加わった。この15人は「朝鮮版スター」の「第1〜第3話」に当たる1〜3話まで参加し、第3話以降には別の評価団が投入される予定だが、

約1000人のK-歌い手が志願、300チームの予選を突破して、50チームが競演し、放送前から国民向けオーディションの現況を知らせた韓国初の国楽サバイバル番組「朝鮮版スター」は14日午後9時40分から放送される。



ホンギは歌手評価団ですね~
そして、出演は3話までφ(。。)メモメモ




関連記事
スポンサーサイト



2021-12-09

Comments







非公開コメント