Top Page › ホンギ › ホンギが三湖カップでプロボウラー復帰
2021-07-10 (Sat) 00:11

ホンギが三湖カップでプロボウラー復帰

除隊してから働き詰めなのに、
ボーリングまで復帰するんだ(^_^;)
まぁ、メンバー揃ってない今でよかったのかもしれないけど。



「イ・ホンギ復帰申告」プロボウリング三湖カップ、14日欧米で開催「1対1の対決関心」
http://osen.mt.co.kr/article/G1111616079

先月、徹底した防疫規則遵守で開幕戦を無事に終えた「2021プロボウリングツアー」が慶尚北道亀尾(キョンサンブクド·クミ)で今季2回目の大会を続ける。

KPBA(韓国プロボウリング協会)は今月14日から22日まで亀尾市複合スポーツセンターボーリング競技場で第2回DSD三湖カッププロボウリング大会を開くことにしたと9日発表した。

DSDサムホ(株)が主催する今大会は、男子の部420人、女子の部120人の540人が出場する大規模な大会で、賞金総額1億2000万ウォン規模の準メジャー大会だ。


ホンギプボウリング2021記事

今季、プロツアーは開幕戦から異変が続出し、ツアーを待っていたファンを熱狂させたが、今回もさらに豊かになった見どころで、スタート前から大きな話題を集めている。

デビュー4年目にして初優勝を準メジャー大会で飾った男子部カン·ミンファンと同好人出身でプロに入門し、初出場した公式大会で、国家代表出身の強豪イム·ガヘ·プロを破って優勝したキム·ガラムが並んで出場して2連続優勝に挑戦する。

21シーズンシード1位のソ·ジョンファン、チェ·ヒョンスク、KPBA通算最多勝記録保持者のチョン·テファ(12勝)、ユン·ヒヨらトップクラスの選手も全員出場し、「新鋭の反乱」を鎮圧する。

また、軍生活を終えたFTISLAND出身のイ·ホンギが出場し、ボーリングファンに転役申告を兼ねて、レーンの上でプロボウラー復帰の舞台を披露する。

特に、今大会は準決勝に適用するイリミネーション方式のため、異変が続出するものと予想される。

「ボウリングの1:1マッチプレー」であるイリミネーション対決は、64強戦から3戦2先勝と5戦3先勝制を順次適用し、上位進出者と脱落者を選り分け、最終日にTVファイナルに出場する生存者の男子選手4人、女子選手2人を決める。

イリミネーション対決は、客観的な戦力優勢が勝利を保障せず、短時間の超集中力と瞬発力で勝敗が分かれるため、「見守る楽しみ」も倍増するものと期待されている。

今大会の全試合は(社)韓国プロボウリング協会公式YouTubeチャンネル'KPBA'を通じて全世界に中継され、決勝戦は来る22日昼1時50分からSBS Sportsで生放送される予定だ。

KPBAは、すべての出場選手は入場72時間以内に発給されたコロナ19音声確認書の提出を義務付け、消毒ブースを通過、随時体温チェックなど、マニュアルに従って厳格な防疫手続きを適用することにし、安全のため一般観衆の出入りは禁止することにしたと発表した。





ホンギが出るとはいえ、ひたすらボウリングを見てられるかわからん(^_^;)
全試合をツベで世界中継ってすごいわ~

KPBAYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvqG0FNvh9SUGyI6HNXxqgQ





関連記事
スポンサーサイト



2021-07-10

Comments







非公開コメント