Top Page › Release › FTISLAND 9TH MINI ALBUM 「Sage」Track Review とアルバムの感想
2023-09-10 (Sun) 17:46

FTISLAND 9TH MINI ALBUM 「Sage」Track Review とアルバムの感想

公式サイトよりTrack Review。
公式さんがYouTubeにアップしてくれた動画を一緒に貼ったので、
よかったら聴きながらReviewを読んでみてください。

キャプ3


FTISLAND 9TH MINI ALBUM [Sage] Track Review

1. Sage
作詞:イ・ホンギ、イ・ジェジン
作曲:Yuzuru Kusugo、Satoshi Shibayama
編曲:Yuzuru Kusugo

FTISLANDミニ9集タイトル曲「Sage」は、強烈なドラムやギターサウンドに中毒性の強いメロディーが印象的なロックジャンルの曲だ。私たちが生きていく中で下した数多くの決定が賢明な選択だったのかは分からないが、今までそうだったように今後もずっと私たちだけの道を黙々と歩いていくという抱負を含んでいる。




2. All Of My Life
作詞:チェ・ミンファン、Sooyoon、Pursuit、Play Hz
作曲:チェ・ミンファン、Pursuit、Play Hz、Moon Kim(Room01)
編曲:コ・ジニョン

「All Of My Life」は、ソフトで甘いギターとピアノが魅力的なロックバラードジャンルの曲だ。すべての瞬間を共にした愛する恋人に対する懐かしさを叙情的なメロディーで解き明かした。




3. I'm Still Here
作詞:イ・ホンギ、IL
作曲:イ・ホンギ、IL、CHANGHYUN
編曲:IL、CHANGHYUN

「I'm Still Here」は愛する人との別れを完全に受け入れることができなかった奥ゆかしい寂しさを込めた曲だ。




4. Broken
作詞:イ・ジェジン、イ・ウィス、イ・テヒョン
作曲:イ・ジェジン、イ・ウィス、イ・テヒョン
編曲:イ·ウィス イ·テヒョン

「Broken」は強烈なギターリーフと弦楽器、シンセサウンドが調和したロックジャンルの曲だ。もはやどんな言葉にも振り回さず、私を閉じ込めるものから解放されようとする意志が目立つ。




5. Not Enough
作詞: イ・ホンギ, イ・ジェジン
作曲: Alex Karlsson, Alexej Viktorovitch, Karoline Slemmen
編曲: JeL

「Not Enough」はパワフルなドラムと奥深く神秘的なプラックシンセが魅力的なポップロックジャンルの曲だ。 愛する人との関係に疲れて暗くなった私を見つけて、別れた後、元の自分の姿に戻らなければならないという歌詞が印象的だ。




6. Rising Star (With G.O.P)
作詞: G.O.P
作曲: イ・ホンギ, IL, CHANGHYUN
編曲: IL, CHANGHYUN, イ・ウィス

「Rising Star(With G.O.P)」は、FTISLANDがバンドオーディション番組「THE IDOL BAND:BOY'S BATTLE」でプロデュースしたグループ「G.O.P」にプレゼントした曲をパワフルなエネルギーで再解釈した曲だ。




アルバムの感想をここにひっそり(*´艸`*)
個人の感想ですので、クレームはご容赦を。

まずは、収録曲6曲を通して聴いての第一印象は
とってもバランスがいいアルバム。
公式さんがあげてくれた全曲のリストを何度再生しても
ひとつのストーリーに聴こえる。
色んな人の手が入ってるけど、どれもちゃんとFTISLAND。

タイトル曲「Sage」はお馴染みの楠後&柴山コンビです。
えぷのLIVEに行って、その時感じた「FTISLAND」を思って書いてくれた曲だとか。
LIVE動画で何度も聴いたけど、やっぱり私は
まずきちんと整理された音源をインプットして頭に残して、
LIVE音と一緒に鳴らしたいタイプなんだと思う。
印象が変わりました。いい意味で。

おふたりのIGより。

yuzuru_kusugo IG
Awesome!!!!!!!
Thank you!!!!!!!!!!!! I composed and arranged it.
#ftisland #sage #outnow


satoshi_shibayama IG
✍️共作曲しました✍️
本日9/7リリースのFTISLAND @ftisland の韓国での
9thミニアルバムの表題曲【Sage】をゆずるさん @yuzuru_kusugo と共作しました。
これまで、歌詞でも曲でもたくさん関わらせていただきましたが、
韓国リリースの作品のリード曲になるのは初めてで、
とても感慨深いです。
ゆずるさんによるアレンジとメンバー皆の歌と演奏も相まって、圧倒的なスケール感とスター感です。
リリースがあるということは、ライブもあるということですね。
日本でのライブはもちろんですが、ホームでの彼らも体験したい。。
もう韓国まで観に行ってしまおうか。。
今後も楽しみですね🙌
改めて、FTISLANDの皆、リリースおめでとうございます㊗️


FNCの他アーティストともお仕事してて、
もう揺るがないブレーンですね。

ミナリ曲の「All Of My Life」はバラード。
ミナリはこういう優しいテイストの曲を書きますよね。
今のFTISLANDに必要な色の一つを担ってると思います。

ホンギ曲「I'm Still Here」
これはホンギの体験?(笑)
ジェジの声も活きてて、ホンギらしいバラードだと思う。
映画のワンシーンを思い描くような気持になった。

ジェジ曲「Broken」は、これジェジでしょってすぐわかりました(*´罒`*)
ベースパートがいい!シンセも気持ちいい!
イントロが「Do or Die」みたいでモダンファーマー思い出したww

LIVE動画で見た6曲の中で
個人的に一番違和感があったのが「Not Enough」でした。
違和感があったのに、耳に残る曲でもあった。
BTSやTWICEなんかとお仕事してる方たちが作った曲だけあって、
メリハリもあって、この曲だけの世界観がありますよね~
やっぱり、そういうことなんだな...(。-_-。)

そしてすでに何度も聴いて、曲だけはわかってる「Rising Star」
実はBBBの時には物足りなさを感じてた。
でも今回は、FTISLANDバージョンにホンギの声が乗って、
息を吹き込まれたみたいにスッと入ってきました。
これがプロとアマの違いなのかな?

感想をまとめると、「この曲がいい!」ではなくて
「このアルバムがいい!」って感じ。
ホンギが「所蔵価値のあるアルバム」と言っていたのが頷ける。




関連記事
スポンサーサイト



2023-09-10

Comments







非公開コメント