Top Page › TV ホンギ › 赤頬神仙遊びにホンギ出演 (2021.5.28) さらに追記あり
2021-05-28 (Fri) 23:58

赤頬神仙遊びにホンギ出演 (2021.5.28) さらに追記あり

今日は電波の調子が悪くて、リアタイ断念。゚(゚´Д`゚)゚。
バラエティは出演者みなさんに支えられてる感が伝わってきて、
言葉はわからなくても微笑ましかったりほっこりしたり。
これも今までがんばってきたからこそなんだな~と思う。
すごいわ、ホンギ(﹡ˆᴗˆ﹡)


ホンギインスタ1121





<イ・ホンギと共にする「パン」ツアー!> 赤頬神仙遊び19回予告




[赤頬神仙遊び 先行公開】芸能人Buff×?!たった5分の通話のために
じゃんけんぽんでなんと100人を勝った イ・ホンギ?!






除隊アイドルのイ・ホンギ、「赤頬神仙遊び」に出撃…訓練兵エピソード大公開
https://www.wowkorea.jp/news/enter/2021/0528/10301153.html

ホンギ赤頬神仙遊び記事2

軍役終了後、“除隊アイドル”として帰ってきたイ・ホンギがMBC「赤頬神仙遊び」に出撃し、以前と劣らない芸能感覚を披露する予定だ。

28日夜に放送の「赤頬神仙遊び」ではFTISLANDのイ・ホンギが 一日神仙として出撃する。軍服務から 2年ぶりに大衆の前に帰ってきた彼はこの日、各種軍隊エピソードを放出し変わらない芸能アイドルの面貌を見せたという。

イ・ホンギは先輩後輩らとの決して小さくはない歳の差のために遭遇した、笑えない経験談を暴露する。キム・ジョングクが「同期達がどんなに若くてもイ・ホンギのことは殆どが知っているのではないか」と尋ねると彼は「軍隊後輩達とは10歳以上の歳の差があったので。「サランアリ(恋煩い)」の曲は知っていてもFTISLANDは知らないようで」と、思いもしなかった世代の差(?)を経験したと告白した。続けて彼は「入隊前の目標が、軍隊で男性ファンを作ってくることだった。だから歌を沢山聞かせた」と明かし軍隊服務期間中のFTISLANDの広報要員として活動していたと愛情の一面を見せもした。

訓練兵時代100:1の競争率を勝ち抜き電話チャンスを掴んだエピソードを公開もした。 訓練兵100人余りがじゃんけん対決を繰り広げ、その中で1等にだけ与えられる5分間の電話チャンスを獲得したとのこと。神仙らは信じられないとの反応をみせ、イ・ホンギは “贔屓とか全くなくて本当に皆驚いていた」とし当時の状況を生生しく演じてみせ現場を爆笑させた。

100:1の競争率で獲得した電話チャンスで通話をした相手は誰だったのか、その主人公は5月28日(金)夜8時45分からのMBC「赤頬神仙遊び」で確認できる。




え、電話の相手はおんまだって、韓国記事に書いてあったから
Twitterでネタバレしちゃってたわwww




イ·ホンギ「軍で人生の再計画」明日、再入隊するとしたら? カムジャタン食べる」[総合] (抜粋)
https://www.tvreport.co.kr/2070315

軍隊での生活についてイ·ホンギは、「人生をもう一度計画することになった」と話し、「家族で写真を撮ることなど、些細なことに対する大切さを感じた」と語った。 するとソン·シギョンは「人生の計画ができても時間は35分ほど経っていた」と共感し、笑いを誘った。

軍生活をしている間、放送の同僚を見て焦ったり不安ではなかったかと尋ねると、「むしろうれしかった。 兄さんたちが出たら、 「一緒に放送してたの?」って聞くよ。 特に軍人たちは運動が好きだから、ジョングクさんについてよく聞かれたが、'同じ体育館に通っている'と言えば幹部たちに好かれた」と話した。

しかし、イ·ホンギは同時に今日の放送で「一番怖い人」にキム·ジョングクを挙げ、キム·ジョングクは肩を組んで「体育館の同期だから可愛がってる」と愛情を表した。 これに対してイ·ホンギは「運動しているのを見たが、その近くだけが熱くてそばに行けないんだ。 ぜひ一緒に運動してみたい」と語った。

「韓国料理が好きだ」というイ·ホンギは、「もし明日再入隊したら、最後に食べたいメニュー何か」と尋ねると、表情を硬くし、「想像もしたくない。 タッチタンかカムジャタンでカムジャタンを食べる」と話し、気さくに食欲を表した。




キム·ジョングク、 一番好きなパン? 「サンパン」→イ·ホンギ「爆笑」 (抜粋)
http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/315548

同日、FTISLANDのイ·ホンギが「一日神仙」で出演し、4神仙と共に出張に出かけた。 喜びを表し、除隊の感想を尋ねると、イ·ホンギは「まだぎこちないが、国防部所属の時も悪くなかったが、社会人である方がいい」と答えた。

イ·ホンギと神仙たちが味わうテーマは「パン」だった。 神仙たちの中で唯一製菓の資格を持つソン·シギョンは、最も反応が良かったパンを聞く質問に「世界で一番おいしいのがオーブンから抜いたパン、世界で一番おいしい製菓が腐る前のパウンドケーキだ。 製菓は時間が経てばしっとりとしておいしく、パンは焼いてすぐに酸化が始まるため、焼いた直後が一番おいしい」と説明した。

さらに、イ·ホンギは、「コーヒー牛乳に栗パンをつけて食べるのが一番好きだ」と明かした。。 続くキムジョングクの番。 「キム館長は何が好きですか」という質問が終わる前にキム·ジョングクは「私はまあ、ソンパン(先に相手を攻撃する行為)でしょう」と答え、イ·ホンギを爆笑させた。

ソ·ジャンフンが「さっきから聞きながらたくさんの準備をしたんだな」と感嘆すると、キム·ジョングクは「打つべきかやめるべきかと思ったが、到底黙っていられない」と言って笑いを誘った。






再生リスト。
今日は時間がないから明日見よう🎶






~追記~

番組内容の詳しい記事があったので、
ここで抜粋していない部分だけ抜粋。



「美食家よりおじさんのような感じ」イ・ホンギ「赤頬」メンバーたちもびっくりしたどんでん返しの味[昨日TV] (抜粋)
https://www.newsen.com/news_view.php?uid=202105282041356210

ホンギ赤頬神仙遊び記事3-2

イ・ホンギはソ・ジャンフンと一緒に「襲うヘクヘクピザ」にヒキガエルを渡し、「クイーンアマンサンド」の家に向かった。イ・ホンギはクィンアマン・サンドを待って皿カスタムをした。イ・ホンギは「子供の頃から骸骨が大好きで、ニックネームは「スカルホン」だ。星を描いたのは「ホン・スター」というニックネームがあるから」と自身の絵を説明し、ハハはイ・ホンギが描いた星を見て、妻の星を思い浮かべながら愛人ぶりを披露した。

ハハはイ・ホンギの皿の中の星を見て自分の皿に星を描けずに、ソ・ジャンフンにからかわれた。ハハは「コ・ウンイ(星、本名)の名前を書かなかった。私の心臓の中に書く」と話し、嘲笑するスタッフに「笑うの?」と叫びながら爆笑した。

サービングの神仙にはキム・ジョングクが当選した。イ・ホンギは自分の人生最高のパンとして、蒸しパンやたい焼きを取り上げた。イ・ホンギは「軍隊の行政班に蒸しパン機械があった。警戒勤務に行かなかったので、食べたことがなかった。言うことをよく聞くと、一つずつこっそりあげるよ。蒸しパンを一人で食べる時のことを思い出す」と伝えた。以後、イ・ホンギはダイエット中のソン・シギョンとクインアマン・サンドを分けて食べた。クインアマン・サンドはすべてのメンバーに金の斧を贈られた。

続いてイ・ホンギは「チキンドーナツバーガー」店に到着した。イ・ホンギは「スタッフやスタイリストがハハを実際に見て「ファッショニスタだ」と言った」とほめ、ソ・ジャンフンは「昼間休みの時に「田園日記」の再放送をよくする。キム・スミ先生と服は同じだ」とハハをからかった。

イ・ホンギはチキンドーナツバーガーを食べてヒキガエルを与えた。イ・ホンギは「放送開始時の評価基準が「ダイエットを諦めることができる味」と言ったじゃないか。これを食べて、「大変だ」って思った。大変なことになりそうな甘じょっぱい味だ」と評価した





~さらに追記~

翻訳記事をもう一本。


FTISLANDイ・ホンギ、番組「赤頬神仙遊び」で軍隊でのエピソードを公開
https://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=103210

ホンギ赤頬神仙遊び記事4

イ・ホンギが『赤頬神仙遊び』に出演しキム・ジョングクの軍隊内での人気について言及した。

今月28日に放送されたMBCのバラエティ番組『赤頬神仙遊び』には兵役を終えて帰ってきたFTISLANDのイ・ホンギがゲストとして出演した。除隊から1週間で収録に参加することになった彼は、軍人のような態度で笑いを誘った。

この日、イ・ホンギは軍隊内でのキム・ジョングクの人気をアピールし注目を集めた。「軍隊で同僚をテレビで見ながら焦らなかったか?」という質問に対し「むしろうれしかった。特に軍人たちは運動をたくさんするので、キム・ジョングクさんが出演すると本当によく質問された」と話した。続いて彼は「(キム・ジョングクさんと)同じ事務だと自慢すると、幹部たちはとても喜んだ」と話し、みんなを爆笑させた。

一方、この日の放送ではよだれが出るような「食レポ」ツアーが行われた。最初に登場した料理は豚肉炒めをトッピングした「スプスプヘクヘクピザ」だった。韓国式のピザを試食したMCたちは「おいしい。香りはネギのチヂミだが、口に入ったらピザだ」と驚きを隠せなかった。しかし続いて「少ししょっぱくて食べ続けるのは少し難しそうだ」、「パン特集だが、パンよりはご飯の方が良さそうだ」という評価が続き、結局「スプスプヘクヘクピザ」は惜しくも「2つの斧」(料理を評価する基準)に終わった。

続いて登場する新メニューはフランスパンの「クイニーアマン」をカリカリに焼いて多彩な味を加えたクイニーアマンサンド4種だった。チョコ、チーズケーキ、イチジク、ミントチョコサンドのビジュアルを見たMCたちは驚きを隠せなかった。​

しかしMCたちの試食後、驚きの評価が続いた。ソン・シギョンは「甘みに酔いしれる」と感嘆し他のMCも「太ってもかまわない味」、「チョコパイの中でもプレミアム級の味」と絶賛した。4人全員に絶賛されたクイニーアマンサンドは満場一致で「金の斧」の判定を受け、この日唯一の「金の斧」の主人公になった。

新メニューの開発とともに新しい「食レポロード」を開拓した新概念の料理ブラインドショー『赤頬神仙遊び』は毎週金曜日の午後8時45分に楽しめる。







関連記事
スポンサーサイト



2021-12-09

Comments







非公開コメント